systemd時代に困らないためのlimits設定


数年前に、こういう記事「ulimitが効かない不安を無くす設定」を書きました。しかし、ディストリビューションのバージョンが上がり、デーモン管理が systemd に変わったことで、インターネットのゴミとなりつつあります。

そのため今回は、その次世代バージョン的な内容ということで、systemd の場合はこうしておけば見えない敵と闘うこともなくなるはずです、というものになります。例によって、抑えきれていないパターンがあったら御免なさいです、押忍。

続きを読む

EC2拡張ネットワーキングの性能と設定手順


AWS VPC内のLinuxでは、拡張ネットワーキング(Enhanced Networking)という機能が使えます。利用条件はあるものの、この機能を有効にするだけでネットワークが速くなるので有用なのですが、何がどれくらい速くなるのか気になったので計測してみました。

この機能自体は2013年末に発表されたものなので、目新しくはないです。ただ、公式の説明やその辺の情報を調べても、イマイチ情報がわかりやすくまとまっていない部分があったので、設定についてもまとめ直してみました。

続きを読む

現代ITインフラの王道をゆくLinuxパッケージ管理の基本構成


RedHat系におけるRPMパッケージを扱うYUM、Debian系におけるDEBパッケージを扱うAPT、これらはサーバー管理において重要なわけですが、絶妙な度合いで、おざなりに扱ってもわりとなんとか運用出来てしまう感があります。そのため今一度、こんな感じが今風のスタンダードじゃないっすかね(キリッ という構成を説明してみます。

ぶっちゃけ、たいしたことないネタの集合体なので、タイトルに下駄を履かせました。

続きを読む

電子納税でハマった記録


昨年は20万円以上の雑収入(印税)があったので、確定申告からの納税コンボが必要になりました。

で、普通にe-taxからやって済ませようとしたら、色々ハマったので日記がてら記録しておきます。

続きを読む

CentOS7でのRPMパッケージ作成手順(sshguard編)


だいぶ前に sshguardでブルートフォースアタック対策 という記事を書きましたが、最近CentOS7で環境を作りなおしていることもあり、最新バージョンのパッケージがなかったので自作してみました。

どこにでもありそうな内容ですし、別にCentOS”7″だからという部分もほぼないのですが──主にRPMパッケージの作成手順を目的として、sshguardパッケージの作成をまとめていきたいと思います。

続きを読む